とにかく文章が書きたい気分なのだ。

3年のときに音楽好きが集う講座を受講して下北沢に通っているうちに、
無性にロキノンを否定してインディーに精通してるぶりたい時期があった。
今は通り越してなんでもいいや状態なんだけど。

それでもそのときに“通ぶる”ために掘っていた音楽は、ただの理論武装するためのツールに終わらず、
今もフェイバリットの一つになっている。
結局音楽との出会いなど、不純でも何でもよいし(好きなあの子が聴いているからとか)、
不純な出会いをした音楽が人の人生に大きな影響を与えることもあるものだ。


この大学生時代、自分の音楽との出会い方ってどんなものが多かっただろうか。
youtube、ライブハウス、フェス、TSUTAYAが基本的だったかな。
イベントを自分でやり始めてからは、ライブハウスが多かった気がするけど。

いろいろな出会いの形がある中で、自分にとって大きな出会いがあるのは、
映画や漫画、ドラマの挿入歌や主題歌だったりする。


はっぴいえんどの「風をあつめて」とは、浅野いにお(またかよ)の「うみべの女の子」を通じて出会った。




この漫画がまた…。
浅野いにおという作家は、ただただだらっとした日常や、
退屈な日々を“頑張れない”人を描く現代っぽい漫画家と捉えている人が多い気がするけど、
そうじゃないんだよなあ。

うみべの女の子は、どの世代にも当てはまるテーマをもった作品である。
思春期の心と体が一致せず、もやもやとくだらないことに悩みながら日常を過ごすのは、
どの世代の人も味わった感覚だろう。

うみべの女の子に出てくる中学生たちは、
携帯電話やパソコンを使っているけど、
昔の中学生と本質的には何も変わらない。

「おやすみプンプン」もそうなんだけど、現代人の云々カンヌンなことはもちろん出てくる一方で、
浅野いにおの漫画のテーマはいつの時代にもあるものだ。
両作品とも、最終話で主人公たちの幼き姿を投影できるキャラが出てくるところからも、
それは確信できる。

思春期の、磯部と小梅みたいな中学生の“イタイ”恋愛は昔から変わらないんだよなあ。
イタイ中学生時代を送ってきた人にとっては懐かしくもどこか胸が苦しくなる感覚を覚えるんじゃないかな。
気付いていないふりしたくもなるけど。

エロを通じて描き出される中学生たちが、
いびつに成長して大人になっていく様子をここまでリアルに描き出せるのは、
浅野いにおだからこそなんじゃないかと思う。


個人的に、小梅が自分の気持ちにようやく気付いて手紙を書くシーンと、
泣きながら磯部に告白するシーンが好き。
あと、文化祭で告白しようと思ってそわそわしてる場面も。
でも、女の人は、小梅みたいな子のこと嫌いらしい(笑)。
なんだかんだ女を武器にしてあざといとことか、男好きはしても女好きはしないだろうなあ。


そして、この物語で常に流れ続け、小梅が磯部を探すクライマックスシーンで引用されるのが、
はっぴいえんどの「風をあつめて」である。


風街ろまん
はっぴいえんど
ポニーキャニオン
2009-02-18



「風をあつめて」が収録されているこのアルバム、めちゃくちゃ良い。
はっぴいえんどのこと、このアルバムのこと、もっともっと知りたい。

ソレカラの佐々木さんも言っていたけど、
はっぴいえんどの楽曲の歌詞は、つながりがないように見えるワンフレーズワンフレーズが、
不思議とすんなりつながって、物語や風景を作り上げている。
メッセージ性をガチガチに込めたマッチョな曲も好きだけど、
フレーズで場面を描写するストーリー性のある曲も好き。


シュガーベイブもはちみつぱいも、この時代の音楽、もっと聴かなくちゃ。
大瀧さんが亡くなってしまうという大きな出来事もあったし、
細野さんの演奏はしっかり観に行きたいなあ。